オンラインカジノで脱税をした場合にはどうなるか

オンラインカジノというのは、プレイしていっても確定申告をしなければならないほど儲けるという方は少数派となっていますが、オンラインカジノであっても換金して日本円にして収入とした場合には、それらは所得とみなされますので、所定の手続きにて税申告を行わなければなりません。オンラインカジノの所得の場合には一時所得という形で処理されますのでその控除額は50万円です。これ以上のお金を儲けてしまった場合に、申告せずに放置した場合にはそれらは脱税としてみなされることとなりますから、万が一政務書にバレてしまった場合には、追徴課税がされます。悪質な所得隠しを行っている場合や、何年もの間放置していた場合には、延滞税などもかけられることとなりますので、本来支払わなければならなかった金額にプラスして税金を支払う必要性などが出てきてしまいます。

こうならないためにはとにかく50万円以上のお金を稼いだ場合には、オンラインカジノであっても脱税となることが多いですので、正直に確定申告をすることです。税金の知識がなかったり申告書の書き方がわからない場合には、税務署の職員に聞くことでどうすればよいのかを教えてくれます。申告の方法がわからないから脱税をしてしまったというのは言い訳にはならず、発覚した場合には例外なく課税がされますので、出来る限り年度内の所定の期間内に申告をすることを忘れないようにしましょう。

オンラインカジノでは海外から送金される形となりますので、必ずクレジットカードや銀行口座などで履歴として残ります。税務署の職員はそれらから誰がどれくらい儲けたかの大まかな予測をつけることが出来ますので、隠していると思っていても発覚している場合がほとんどなのです。ですから脱税として摘発されないようにするためにも、出来る限り正確な計算を行い税金を支払うようにしましょう。勿論一時所得の控除額は50万円ですから、これ以上のお金を儲けていないという場合には、申告の義務はありませんので、そのまま放置していても問題はありません。本来ならばそこまで利益を生み出すことは難しいのですが、専業として行っている場合や、熱中しすぎたあまり勝ち方の手法を見つけることが出来とんとん拍子に勝つことが出来た場合には、税申告をしなければならないこともあるのです。オンラインカジノでえた利益は一定金額以上の場合には申告しなければ脱税となってしまいます。

You Might Also Like